FC2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

Savannakhet_town_1408-101.jpg

このところ世界中が封鎖されてしまって
どこにも行けないので
書きかけで終わってた
昔の旅の話を書くことにする

まずは2014年の夏に初めて行った
ラオスの旅の続き

ラオスのSavannakhetという地方都市の話
Savannakhetまでの軌跡は

 バンコク → 普通列車 → ウボンラチャタニ(泊)→
 → 乗合バス → 徒歩で国境越え → ソンテウ
 →  パクセー(泊) → 長距離バス → ドンデット島
 → ドンコーン島 → バス乗継 → Savannakhet

   
Savannakhet_town_1408-102.jpg

Savannakhetと書いて、サワンナケートと読む
正式には「カイソーン・ポムウィハーン」と言うらしい
この日は2014年8月13日(水)
ラオス第2の都市らしいが地方都市なので
平日の昼間でも人通りは多くない

この道路は街のなかの比較的大通り

Savannakhet_town_1408-103.jpg

信号もちゃんとあるし
梅田の交差点のように
青になるまでの時間も表示される

まあ、大阪人のようにセカセカした人は
ひとりもおらんけど

Savannakhet_town_1408-104.jpg

リアカーのようなのを押す女性

この時期は雨季なのだが
まさいが行った年は雨が少なかったようで
この日までほとんど雨に合わなかった

この日もカンカン照りで女性は日傘さしてる

Savannakhet_town_1408-105.jpg

おそらく街で唯一の日本料理屋さん
東南アジアではいまだに日本の『おしん』が人気で
どの国に行ってもおしんという名の日本料理屋さんとか
スナックが必ずある




ラオスは敬虔な仏教国で
毎朝、いたるところでお坊さんの托鉢に出会う




今朝はかなり大勢のお坊さんが回っていたが
2〜3人で回っているのにもよく出会う

日本は基本仏教国だが
いまは托鉢僧なんてみないよね
どうして廃れてしまったのかな?

Savannakhet_town_1408-106.jpg

街の中を走ってる小型のソンテウ
ソンテウというのは『2列』とい意味らしい

タイの地方都市でも主たる公共機関として使われてるが
ラオスも同様にどこに行っても見かける
まさいもラオスに入国して最初に乗った乗り物は
もうちょっと大型のソンテウ

Savannakhet_town_1408-107.jpg

ラオスに入ってすぐに買ったSIMの
ギガ数が残り少なくなってきたので
リフィルを買おうと思ってショップ探してたら
Siliphoneという、それらしい店があった

ちなみにパクセーで最初にかったSIMは
300円で1ギガくらい。
これで6日ほど使えた
1日50円や。 なんと安いこと!

Savannakhet_town_1408-108.jpg

これがリフィル
1ギガで50K Kip。だいたい600円
最初にかったSIMよりだいぶ高かった

Savannakhet_town_1408-109.jpg

リチャージするのにすこし手続きがいるが
手続きのやりかたは、宿の人に教えてもらった

完了するとこういうメッセージが届く
ちゃんと英語で届くので確認できて一安心

ちなみにこのときはまだ
SIMロックフリーのiPhone4を使っていた

Savannakhet_town_1408-110.jpg

ラオスは昔、フランスに統治されていたので
フランス式の教会がたくさんある

トップ写真の広場のむこうの方に見えてたのがこの教会
聖テレサ教会というらしい

すごく綺麗な白亜の教会だ

Savannakhet_town_1408-111.jpg

教会はどこでも勝手に中に入っても叱られない
この日は平日なのでだれもいない

天井も高くてとても素敵な教会だった

Savannakhet_town_1408-112.jpg


Savannakhetはメコン川に面している

左側の幌屋根のしたにすこし見えている
茶色部分がメコン川だ


Savannakhet_town_1408-113.jpg

そしてこれはイミグレーションオフィス

なんでこんなとこにイミグレがあるのかというと
ここから船でタイに出国できるのだ

Savannakhet_town_1408-114.jpg


中に入ってみると何人かが出国手続きをしている


Savannakhet_town_1408-115.jpg

メコン川の真ん中あたりに見えているのが
ラオスとタイのあいだの渡し船だ

実はまさいもこれに乗ってみたかったのだが
残念ながら地元の人しか乗せてもらえない

川向うに市場があるので
そこに買い物に行く人が多いらしい

なんかのどかな雰囲気でいいなぁ

Savannakhet_town_1408-116.jpg

灼熱の太陽のもとを
チャリであちこち走ったのでのどが渇いた

外見ではわかりにくいが
ここはどうやら喫茶店のようだ

Savannakhet_town_1408-117.jpg

店頭にこんな黒板がおいてある
Healthy Drinksと書いてあるので
ここでちょっと休憩していくことにする

Book Exchangeっていうのはよくわからないが
日本のブックオフみたいなサービスなのかな?

Savannakhet_town_1408-118.jpg

お店のなかにはいってホッと一息
大きな扇風機が回っていて気持ちいい

お飲み物はこれを頼んだ

 ・Chai Yen Lime, Ginger, Mint & Honey 15k Kip

このジュース、すごく爽やかでめっちゃ旨かった
喉が乾いていたのでほとんど一気飲み

ところでお値段は15,000Kip
これは高いのか安いのか?

ラオスの通貨はKip(キープ)
桁数が多くて大変だが、日本円に換算するには
「0」を3つとって、12倍するとだいたい日本円になる

Kipの前にあるK(キロ)は1,000倍のことだ
店頭ではたいがいkで書いてあるので
15を12倍するとよいが、12倍というのは計算めんどうなので
10倍よりちょっと高いくらいと思えばよい

だから、このジュースは150円よりちょっと高いくらい
2020年4月現在のレートでは、177円のようだ

Savannakhet_town_1408-119.jpg

さて、美味しいジュースでエネルギーを充填して
さらに先に進む

ラオスに入って驚いたのは
道路がきれいに舗装されていることだったが
ときどき、まだ工事中のところがある

↑は舗装道路が途中で突然終わるので
運転手が驚かないように置いてある巨大なブロックだ

クルマはともかく、バイクが高速で突っ込むと
事故を起こしちゃうからね

Savannakhet_town_1408-120.jpg

街はずれでこんな動物を見かけた

馬にしては角がある
山羊にしては色が茶色い
牛にしては小さすぎる

むかし漫画でみた
『八丈島のキョン』に似てるのだが・・

Savannakhet_town_1408-121.jpg

さらに走ると
道端でスイカを売ってるお兄さんに会った

さっきジュースを飲んだばかりだが
もう喉が乾いてきたので買って食べることにする

ちなみに右に置いてあるチャリが
宿で借りてきたレンタル自転車
1日借りて、15k Kip。170円

Savannakhet_town_1408-122.jpg

スイカの味は日本と同じだ
でも、完熟で採ってくるので甘くて上手い
こんだけで、5k、60円

Savannakhet_town_1408-124.jpg

これはラオスとタイを繋ぐ
メコン川に架けられた国境橋だ

 ・第2タイ=ラオス友好橋

という名前らしい
日本のODAで、三井住友建設がつくった

車道だけでなく、歩いて渡れる歩道もあるらしい
途中まで渡って見たい気もしたが
チャリで長距離きて疲れてたので諦める

Savannakhet_town_1408-125.jpg

国境橋を見た帰り道
さっきのスイカ売のお兄さんがお昼ご飯を食べていた

↓の女の子が焼いてくれる焼鳥だ
いい匂いをさせて、とても美味しそうだったので
まさいもちょっとだけ食べることにする

焼いてたのは鶏の砂肝だ
2本だけ買って食べてたら
スイカ売のお兄さんが

 これも食べなよ

と言って、
砂肝とカオニャン(おこわ)を勧めてくれたので
ちょっとごちそうになった
カオニャンの食べ方も教えてくれたよ

ごちそうさまでした

Savannakhet_town_1408-126.jpg

■この日の夕食の話はこちらです(必読)。


■訪問日:2014年8月
■ラオスの話 ぜんぶ





関連記事
Posted by
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !