FC2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

SalasavanGH_1408-101.jpg

まさいがひとり旅をするときは
いつもプチホテルやゲストハウスに泊まる

いろいろ理由はあるが
一番の理由は、人との交流があるからだ
ホテルの人とも仲良くなれるし
他の国からの旅人とも友達になれる

初めてベトナムに行った時に泊まった
このホテルは最高だった

 ■Hanoi Serene Hotel

Sereneのひとたちと友達になって、
いまだに仲良くしてもらってる

SalasavanGH_1408-102.jpg

Savannakhetでは2泊したが
泊まったのはこのゲストハウス

 ■SALASAVAN GUEST HOUSE

Lonely Planetに載っていたGHで
この街で唯一★印がついていたおすすめ宿だ

SalasavanGH_1408-103.jpg

もともとフランス人の別荘として建てられ
その後、タイの領事館として使われてた建物らしい

外観は白くて美しく
中に入ると、木を多くつかった荘重な雰囲気だ

ここは玄関を入ってすぐのロビー
とても落ち着いた雰囲気だ

SalasavanGH_1408-104.jpg

前日の昼ころに電話で予約して
19時ころに着くと思いますと言ったのだが
バスが大幅に遅れたのと
バスターミナルからのタクシーが
宿をなかなか見つけられなかったので
宿についたのは夜の11時ころだった

SalasavanGH_1408-105.jpg

やっとたどり着けたという安堵感に加えて
GHの人がとてもにこやかに迎えてくれたので
ほんとにホッとした気持ちだった

ここがGHの受付コーナー

SalasavanGH_1408-106.jpg


ゲストルームはこの階段を昇った2階にある
無垢板で作られたすごく立派な階段だ


SalasavanGH_1408-107.jpg

階段をあがったところは
こんな感じになっている

天井が高いのでとてもゆったり感じる

SalasavanGH_1408-108.jpg

そして、後ろを振り向くと
とても開放的な雰囲気の廊下だ

壁のほぼ全面を開放できる窓になっている
部屋の入り口の前には
ロッキングチェアが置いてあって
ゆったりとひとときを過ごすことができる

まさいの部屋は扉のあいているところ

SalasavanGH_1408-109.jpg

ゲストルームはとても広い
おそらく20畳くらいはあるんじゃないか
調度品も落ち着いた感じで素敵だ

2階には道路に面した側に部屋が3つあるが
真ん中の部屋だった

日本では8月というと夏休みなので
旅行者が多いように思うが
ラオスでは8月は雨季なので
全体的に観光客が少ない

ここに2泊したが
2日とも泊り客はまさいひとりだけだった

SalasavanGH_1408-110.jpg

初日に到着したのが深夜だったので気が付かなかったが
朝起きて、外に出た時にびっくりした

建物の反対側にとても綺麗な裏庭があったのだ
しかもかなり広い
写真の東屋みたいなのが3つくらいあって
そしてその周りは花や木がうわってる

SalasavanGH_1408-111.jpg

朝ごはんはここでいただく
お皿はみっつセットしてあるが
お客さんはまさいだけ

めっちゃ優雅やがな

SalasavanGH_1408-112.jpg

まずはコーヒーがポットででてくる
ラオス産のコーヒーのようだ

つい最近知ったのだがラオスでは
ロブスタ種とアラビカ種を作っていて
生産量は世界第12位だそうだ

余談になるが
コーヒーの生産量世界ランキング
 1位はダントツでブラジルなのだが
 2位はなんとベトナムだ
みんな知らんかったやろ

SalasavanGH_1408-113.jpg

さて、朝ごはん
メインディッシュはオムレツ

具はあんまり入ってなかったが
焼きたての熱々でとても旨い

SalasavanGH_1408-114.jpg

オムレツの向こうに
布で包まれておいてあったのがこれ

焼きたてなのか
温め直したのかわからないが
熱々のパンを冷めないように
布で包んでくれている

そういう気配りがとても嬉しいよ

SalasavanGH_1408-115.jpg

そしてデザートはこれ
東南アジアはフルーツの宝庫
どれも完熟で採ってくるので
ほんとの味が楽しめる

SalasavanGH_1408-116.jpg

書くのを忘れていたが
ここは1泊朝食付きで1,800円くらい

こんなお値段であの広い部屋に
この優雅な朝ごはん
大満足やわ

↓の男性はこのGHのソムサックさん
Savannakhet生まれ、フランスのマルセー育ち
しばらくパリで働いていたが帰国
パリよりラオスのほうがずっと自由に生活できると

このソムサックさん
このあとの予定がないのなら
次にココに行けばいいよと
とても素敵な場所を紹介してくれた

行き方を丁寧に教えてくれて
おまけにバスターミナルまで送ってくれた


いやぁ、ほんとに素晴らしい宿だった
ほんとに楽しいひとときをありがとう

SalasavanGH_1408-117.jpg




前の話 次の話


■訪問日:2014年8月
■ラオスの話 ぜんぶ


関連記事
Posted by
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !