FC2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

SalaHinbounGH_1408-301.jpg

Savannakhetの宿で教えてもらった
パニャーン村の宿

 ■Auberge Sala Hinboun

オーベルジュ サラ・ヒンブンと読む
ここに2泊する。 楽しみだ!

SalaHinbounGH_1408-302.jpg

パニャーン村の子供たちが遊んでいた
集落から徒歩数分のところに
この看板がでている

オーベルジュとは田舎にある単なるGuest House的な
宿だと思っていたがぜんぜん違うらしい

 ・オーベルジュ
  『郷土料理を提供するレストラン付きのホテル』
   を意味するフランス語

だそうだ

まあ、ケータイの電波も届かない田舎なので
ホテルってわけにはいかないだろうが
郷土料理を提供してくれる宿というところが
めちゃ嬉しい

SalaHinbounGH_1408-303.jpg

さっきの看板の矢印に従って
脇に入ると地道が続いている

雨上がりなのでどろどろになった道を
すこしいくと柵の扉があった
横にガラガラっと動く扉だ

わりと厳重な扉だ
こんな、ど田舎に泥棒なんかおらんやろに
と思いながら、中にはいる
(おそらく、動物の侵入除け)

SalaHinbounGH_1408-304.jpg

柵の扉を過ぎてしばらく歩くと
のどかな光景が見えてきた

向こうの草っ原をウロウロしてるのは
アヒルにニワトリ、そしてウズラかな

まあ、パニャーン村全体がのどかだが
さらにのどかな気分になる

SalaHinbounGH_1408-305.jpg

アヒルたちの遊び場を通り過ぎて
さらに歩いていくと
ようやく建物が見えてきた

高床式のバンガローのような
しかしすごくしっかりした感じの建物だ

茶色い木造の建物と
まわりの緑のコントラストがすごく美しい

このあたりは雨季になると川が氾濫することが多いので
その対策として高床式になっている

日本でも最近、洪水が多いので
危険地域に指定されている場所の住宅は
高床式にしたらいいのにと真剣に思う

そうすれば、平時は子供の遊び場になるし、
雨がふってもBBQできるし、良い事だらけだ

SalaHinbounGH_1408-306.jpg

ようやくたどり着いた
Auberge Sala Hinboun

Savannakhetの宿をでてから
およそ10時間かかったが
とても楽しい道中だったので
わりとあっという間だった

SalaHinbounGH_1408-307.jpg

チェックインを済ませ
部屋に荷物をおいて
建物の周りをすこし歩いてみる

建物の周りは南国の植物で
かなり鬱蒼としているが
とてもきれいに整備されている

SalaHinbounGH_1408-308.jpg

ここがゲストルームの並んでいる側だ

森の匂いがとてもいい
昼間でも虫の声がたくさん聞こえる

SalaHinbounGH_1408-309.jpg

きょう泊まる部屋はここだ

入ったところに強力そうな扇風機
窓が大きいので部屋はとても明るい

SalaHinbounGH_1408-310.jpg

この日、宿泊者はまさいひとり
だからここは一番いい部屋のようだ

角部屋なので明るくてとても気持ちがいい

SalaHinbounGH_1408-311.jpg

ベッドは美しい木製のセミダブル
天井からは虫よけの蚊帳がぶら下がってる

今夜はぐっすりと眠れそうだ

SalaHinbounGH_1408-312.jpg

部屋のすぐ前には川が流れている
Google Mapによると

 ・Nam Hinboun River

直訳すると、ナム・ヒンブン川だが
おそらくラオ語で『ナム』は川という意味なので
ヒンブン川というのが正しいのかな

この写真の方向にコンロー洞窟がある

SalaHinbounGH_1408-313.jpg

ヒンブン川はタケークの近くで
メコン川に流れ込んでいる支流のひとつだ

いまは雨季の真っ最中なので
川幅は狭いが水量はすごく多い
そして、東南アジアの川らしく
水の色はかんぜんな茶色だ

SalaHinbounGH_1408-314.jpg

さて、めっちゃ楽しみな
オーベルジュの夕食の時間だ

ラオスでは当たりの形態だが
屋根だけあってまわりは完全オープンな
ダイニングルーム

雨季とはいえ、爽やかな風が通り抜けるので
とても気持ちがよい

どっしりとした無垢の木製のテーブルと椅子
クロスのかかっているテーブルがまさいの席だ

SalaHinbounGH_1408-315.jpg

まずはこれだ
ビアラオの大瓶
グビグビ飲んで、今日一日の疲れを癒やす

このビアラオ
日本はもとより、ラオス以外では
めったにお目にかからない

隣国のタイに在住の友達が
まさいに、5〜6本買ってきてほしいと
リクエストしたくらいだ

そして、東南アジアではトップ3に入るほど旨い
そのビアラオの大瓶を1本150円ほどで
グビグビ飲めるなんてほんと幸せだ

SalaHinbounGH_1408-316.jpg

メニューがたくさんあって
どれにするかすごく迷ったが
やっぱりラオス名物のこれにした

 ・ラープ

ラオスに来てから2回めのラープだ
こんどはどんな味かすごく楽しみ

SalaHinbounGH_1408-317.jpg

野菜のお料理もちゃんとお願いした

名前は忘れたが
瓜となにかのラオス煮込みだ

SalaHinbounGH_1408-318.jpg

そしてもちろんごはんも

 ・カオニャオ

もち米のおこわだ
おこわ専用の籠にはいって供される
ラオスではこれがスタンダード

SalaHinbounGH_1408-319.jpg


この3品を取皿に盛り付けてみた
いやぁ、めちゃ旨そうやがな


SalaHinbounGH_1408-320.jpg

いただきまーっす

カオニャオといっしょに
おかずを食べるのだが
こうやって小さくまるめたカオニャオに
おかずを乗せて一口で食べるのが
ラオスの食べ方だそうだ

ドンデット(デット島)で食べたラープ
顔中痺れてしまうほど辛かったが
きょうのラープは程よい辛さでとても旨い
どんどん箸が(手が)進む

野菜の煮込みもすごく旨い
どんな味なのかうまく説明できないが
ラオスの香辛料などをつかったもので
日本人にとってすごく美味しく感じる
これは辛くない

SalaHinbounGH_1408-321.jpg

いやぁ、旨かった
ゆっくり味わいながら
1時間ほどかけていただいた

ひとりだけなので
2品しか頼めなかったのがほんとに残念
次は3〜4人で来てたらふく食べたいものだ

ごちそうさまでした

SalaHinbounGH_1408-322.jpg

昨夜はぐっすり眠れた
とても清々しい気持ちで目覚めて
部屋の前のデッキに出てみる

いま(8月)は雨季なのでしかたないが
今朝はあんまり良い天気ではない

SalaHinbounGH_1408-323.jpg

昨夜、ディナーをいただいたダイニング
外側から眺めるとこんな感じだ

とてもおしゃれな雰囲気やね

SalaHinbounGH_1408-324.jpg

オーベルジュの朝ごはん

朝はあまり贅沢なものはでてこない
コンチネンタルブレックファーストだが
ラオスはパンが旨いのだ
フランスの統治の名残だね

SalaHinbounGH_1408-326.jpg

卵料理

バターで炒めたスクランブルエッグ

SalaHinbounGH_1408-327.jpg

卵とバナナを
パンに乗せて食べる

シンプルだが、めちゃ旨い

SalaHinbounGH_1408-331.jpg


朝食のあと
宿の人がメニューを持ってきた


SalaHinbounGH_1408-332.jpg

晩御飯のメニューで
時間がかかるものが多いので
いまから頼んでいただけると助かりますよ、と

さすがオーベルジュ
夜の食事のことを朝から考えてくれている

SalaHinbounGH_1408-329.jpg

朝ごはんを食べ終わって
すこし宿のまわりを散歩する

あまり天気が良くないが
木々が雨に洗われて緑が綺麗だ

SalaHinbounGH_1408-330.jpg

きのう、宿にくるときに見た
アヒルとニワトリ

ぐわぐわっと鳴きながら
楽しそうに走り回ってる

のどかやなぁ

SalaHinbounGH_1408-333.jpg


さて、この日の昼間の話はまた別に書く
いまからは二日目の夜の食事の話だ


SalaHinbounGH_1408-334.jpg

朝にお願いしたのはこれだ

メニューには乗ってなかったのだが
シェフが教えてくれた

 シェフ きょうは前の川で捕れた旨い魚がありますよ
 まさい へぇ、じゃあそれお願いします

レモンとバターで蒸し焼きにしてくれるそうだ

SalaHinbounGH_1408-335.jpg


前から見ても
うしろから見ても、立派な魚様だ


SalaHinbounGH_1408-336.jpg

お皿からはみ出すほど大きい
全長30センチ以上あったかな

 ・Paning Magnow

という名前の魚だそうだ
調べても出てこないが
宿の目の前の川で捕れたラオスの魚だ

この料理、40分〜60分も蒸し焼きにするそうだ

SalaHinbounGH_1408-337.jpg

いただきまーっす

ラオス流で、カオニャオと一緒に食べる
これがめちゃめちゃ旨い

じつはこの魚が供された時
皮の色とかみて、ホンマに旨いんかいな?と
一瞬、訝ったが
疑って申し訳なかったと反省するくらい旨い

SalaHinbounGH_1408-338.jpg

魚の身も旨いが
いっしょに出てきたこのスープが実に旨い、絶品だ
出てきたときの写真を取り忘れるくらいだ

SalaHinbounGH_1408-339.jpg

天井を歩き回るヤモリの鳴き声を聞きながら
そして、様々な虫の声を聞きながら
ゆっくりとラオスの魚を楽しんだ

日本で食べる魚はもちろん旨いが
こんな茶色の川で捕れた魚がこんなに旨いとは
ちょっと意外なことだと、失礼ながら感じたよ

SalaHinbounGH_1408-340.jpg

そして、これ
かぼちゃのスープに見えるが

 ・Tom Wan Lao

という、ココナッツミルクとかぼちゃの
ラオス風デザート

これも実に味わい深くて旨いデザートだ

SalaHinbounGH_1408-341.jpg

さすがオーベルジュと称するだけあって
ほんとにお料理が旨かった
昨夜は目の前で捕れたお魚の
とてもレア物料理をいただけて大満足

ところで、このオーベルジュでの費用だが

 宿泊料:145k × 2泊 = 290k
 夕食2回分とビアラオ2本 161k
 チャリレンタル      40k

合計で491k Kip。
2泊4食でおよそ5,900円

物価の安いラオスとはいえ、
これだけゆったりと過ごせて
美味しいもの食べて、ビアラオ飲んで
ほんとに大満足

しかも、シーズンオフの雨季真っ最中に
来たのはとても正解だった
やかましい西洋人とか中国人とかいなくて
ほんとにリラックス

つぎにラオス来たるときも
ここまでもういちど行きたいとほんとに思うよ
ありがとうございました

SalaHinbounGH_1408-342.jpg

前の話 次の話


■訪問日:2014年8月
■ラオスの話 ぜんぶ




関連記事
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !