FC2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

JimJum_2009-101.jpg

タイの東北部、イサーン地方に
チムチュムという鍋料理がある
チムチュムはお隣のラオスの料理で
それがメコン川を越えてイサーン地方に
ひろまったものだ

JimJum_2009-102.jpg

このあいだ、近所のKALDIの店内を
うろついていたらこれを見つけた

 ■チムチュム タイハーブ鍋セット

わぁ、すごいのがあるやん!
と、ちょっと興奮気味に即買いだ

Savannakhet_Jum_1408-202.jpg

6年前の夏、初めてラオスに行った
その時、サバナケートで↑のような
オープンテラス、というか露店の食堂で
チムチュムを食べた

 ■チムチュム ラオス鍋

めっちゃ美味しくて、昨日のことのように
はっきり記憶に残ってる

JimJum_2009-104.jpg

その思い出のチムチュム
今日の具材はこれだ

 鶏もも肉、海老
 白菜、しめじ、白ねぎ

そして青物として『つゆむらささき』を
入れてみた。
ラオスで食べたときに、雑草みたいな葉っぱが
とろりとして旨かったので
その代わりになることを期待してだ

JimJum_2009-105.jpg

チムチュムセットにはこれだけ入ってる

 チムチュムペースト
 イサーンソース
 乾燥ハーブ
 煎り米
 春雨

そしてパックの裏に
作り方が書いてあるのでその通りにする

JimJum_2009-106.jpg

肉や魚に溶き卵をつけて
煮込むのが現地流なので
まさいもその通りにしてみる

JimJum_2009-107.jpg

鍋にみずをいれ
チムチュムペーストを溶かしてよく混ぜる
そして乾燥ハーブを入れ沸騰を待つ

次に肉を入れると書いてあるが
野菜をしっかり煮込みたいので
先に白菜とつゆむらささきを入れて
その後に鶏肉を入れた

JimJum_2009-108.jpg

鶏肉の色が変わってきたところで
海老と春雨を投入

懐かしい香りが漂ってくる
楽しみや!

JimJum_2009-109.jpg

最後にしめじを入れる
今日は巨大なしめじが手に入った

JimJum_2009-110.jpg

蓋をしてしっかり煮込む

ラオスでは茶色の壺型の土鍋だった
このル・クルーゼの色が
なんとなくあの土鍋に似ているのが嬉しい

JimJum_2009-111.jpg

ラオスでチムチュム食べたときは
旨いビアラオの大瓶を飲んだが
残念ながら日本ではビアラオは
ほとんど手に入らない

なので今日はスペイン産の泡にする

JimJum_2009-112.jpg

さて、よく煮込んで、できたぞ
このアジアの香草の香りが懐かしいなぁ

お味はどうだろうか

JimJum_2009-113.jpg

器によそってイサーンソースをかける
この甘辛のイサーンソースが
味の決め手だ

JimJum_2009-114.jpg

まずは鶏肉からいただきまーす

うまーーーい
ラオスで食べたチムチュムを思い出すよ

JimJum_2009-115.jpg

次は海老だ

ラオスで食べたやつには
海老は入ってなかったが
やっぱりアジア料理には海老は欠かせない

ラオスの雑草風の野菜の代わりに入れた
つゆむらささきもトロトロになって旨かった

JimJum_2009-116.jpg

そして春雨
日本の鍋だと〆にうどんとか入れるが
チムチュムでは最初からいれる
けっこう、量もたくさんあって嬉しいね

いやあ、旨かった
6年ぶりのチムチュム

それにしてもKALDIは素晴らしいね
まだまだレアモノがたくさんありそうなので
発掘に行ってくるよ

ごちそうさまでした。


■調理日:2020年9月

関連記事
Posted by
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !