FC2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

Pattai_Kaldi_2011-201.jpeg

KALDIのパッタイ風を本気で作ってみた

 ■パッタイ風ビーフン 144円

本気でというのは
袋に書いてある『作り方』を無視して我流で
という意味だ

Pattai_Kaldi_2011-202.jpeg

袋に書いてある『作り方』は
袋麺の日清焼そばと基本的に同じだ

前回、その『作り方』で作ったら
案の定、ビーフンがふにゃふにゃになり
とても残念な食感になってしまった

それで以前に本気で
日清焼そばを作ったときのようなやりかたで作る

Pattai_Kaldi_2011-203.jpeg

写真を撮り忘れたが
まず、ビーフンをぬるま湯で戻す
ぬるま湯に5分ほど浸けておいたが
あとで玲舫先生の焼きビーフンの作り方を見直したら

 熱湯で2分戻し、冷水で締める

と書いてあった。ちょっと失敗だ。

ビーフンを戻している間に具を炒める
今回の具は
 海老、ピーマン、椎茸、ネギ、炒り卵
を使った

Pattai_Kaldi_2011-204.jpeg

炒めた具の上に、戻したビーフンをいれる
が、これもちょっと失敗だったかもしれない

具を一旦取り出して
ビーフンをごま油で炒めたあと
具を再投入したほうがよかったように思う

Pattai_Kaldi_2011-205.jpeg

そして、パッタイ風焼きビーフンソースをかけて
全体を十分に炒める

やっぱりこういうのは中華鍋がよい
鍋を振りながら十分にソースを全体にまぜる

Pattai_Kaldi_2011-206.jpeg

できあがり!

ふたつ失敗したが
十分に旨そうなのができた

Pattai_Kaldi_2011-207.jpeg

アップで見るとこんな感じだ
すくなくとも麺はふにゃふにゃしていない

余談だが
後ろに見えるおにぎりは
KALDIの中華おこわ(もどき)だ

Pattai_Kaldi_2011-208.jpeg

まずは海老を食べる
これは相変わらず旨い

パッタイに海老は不可欠だ
かならず具として入れること

Pattai_Kaldi_2011-209.jpeg

そして、麺
いただきまーっす

おお、旨い!

『作り方』で作ったパッタイ風より100倍は旨い
とても満足なものができた
場のパッタイは基本的に幅広麺なので
完全なパッタイではないがこれで十分だ

が、贅沢を言うとちょっと麺がパサついている
これはおそらくふたつめの失敗が原因だ
まず麺を油で炒めておけば
しっとりとしたもっと旨いものができたはずだ

ふたつの失敗を反省して
次回は完璧な『パッタイ風』ビーフンを作るぞ

ごちそうさまでした


■調理日:2020年11月

【参考になるブログ】
■ 日清焼そば の美味しい作り方
■ 日清焼そばUFO の美味しい作り方

 
関連記事
Posted by
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !