FC2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

Moko_Hinabe_2012-201.jpeg

蒙古火鍋というものを作って食べた
蒙古というのは蒙古襲来の蒙古だ

いまのモンゴル

火鍋用の鍋など持ってないので
ル・クルーゼを使うことにする

Moko_Hinabe_2012-202.jpeg

蒙古火鍋をするための調味料とかを
ぜんぶ自分で揃えるのは困難なので
これを使う

 『本格蒙古 火鍋の素』 345円

犬鍋の素ではない
KALDIで売ってる

Moko_Hinabe_2012-203.jpeg

セットの中身はこれだけ

大きいのが火鍋ペースト
小さいのが香辛料

Moko_Hinabe_2012-204.jpeg

袋の裏のレシピにしたがって
まず、300ccの水にペーストと香辛料を入れて
よくかき混ぜる

↑はペーストをいれたところ

Moko_Hinabe_2012-205.jpeg

香辛料の袋にはこれが入っている

まっかっかだ!

Moko_Hinabe_2012-206.jpeg

そして、火を付ける前に
野菜と豆腐を入れる

今回は白菜、長ネギ、しいたけ、しめじを使う
糸こんにゃくはレシピにはなかったが
まさいが好きなのでこれも最初にいれる

そして、火を付ける

Moko_Hinabe_2012-207.jpeg

野菜が煮えるのを待つあいだ、イッパイ楽しむ

沸騰してもしばらく煮込んだほうが旨そうだ

Moko_Hinabe_2012-208.jpeg

しばらく煮込んで蓋を開けると
すごくいい匂いがわっと出てくる
蒙古の香りだ

Moko_Hinabe_2012-209.jpeg

まずは豆腐を食べてみる
おお、旨い
しっかりスープの味がしゅんでる

ちなみに豆腐が三角形になっているのは
この形のほうが崩れにくいとどこかで読んだからだ
ちょっとは効果があるかな

Moko_Hinabe_2012-210.jpeg

さて、お肉
蒙古火鍋といえば羊肉だ

ほんとはマトンがほしかったが
残念ながら近所では手に入らない
なので、今回はジンギスカン用のラム肉だ

しゃぶしゃぶ用の薄切りがあればなお良い

Moko_Hinabe_2012-211.jpeg


羊肉、入りまーす


Moko_Hinabe_2012-212.jpeg

羊肉はそんなに煮込まなくて良い
全体の赤みが消えたらそれでよい

いただきまーっす

うほー、めっちゃ旨いやないか

Moko_Hinabe_2012-213.jpeg

何回目かのおかわり

普通、火鍋は
白湯(パイタン)スープと麻辣(マーラー)スープの領域が
区切られていて、2種類の味を楽しむ。

が、この火鍋の素は
白湯スープと麻辣スープを混ぜ合わせてある。

中途半端な味になってるのでは?と思っていたが、
逆に2つの味が重なり合ってとても味わい深い辛さになっている。

まさいはこの白湯麻辣混合味のほうが好きだ
辛さは激辛ではない
ほどほどに辛くてとても旨い

Moko_Hinabe_2012-214.jpeg

シメはやっぱりラーメンだね!
ちびまる子ちゃんのラーメンだと
簡単便利で助かるわ!

Moko_Hinabe_2012-215.jpeg

いただきまーっす

白湯麻辣スープが麺に絡んですごく旨い
この鍋用ラーメンはなかなか伸びないスグレモノだ

それにしても、旨かった
白湯麻辣スープも旨かった
羊肉も旨かった
〆のラーメンも旨かった

なにも言うことはない
ごちそうさまでした。

Moko_Hinabe_2012-216.jpg

ここからは余談だ
14年前に北京で羊肉火鍋を食べたときの話

■羊肉火鍋店 北京 2006年9月

これが本物の火鍋だ

Moko_Hinabe_2012-218.jpg

輪っかになった鍋の真ん中が煙突のようになってて
その中で炭が煌々と燃えている

火の周りの鍋だから『火鍋だ』

炭がいこりすぎると
小姐が延長用煙突を持ってきて
火の粉が散らないようにしてくれる

頭の高さより高い煙突
めちゃ面白かった

いまでもこんなのあるのかな

Moko_Hinabe_2012-219.jpg


■調理日:2020年12月





関連記事
Posted by
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !