FC2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

Sekihan_2101-201.jpeg

みなさん、あけましておめでとうございます。

まさいは元旦の朝からストウブでお赤飯を炊いた。
おせちの合間にいただきます(^^)

Sekihan_2101-202.jpeg

まさい式お赤飯の炊き方を紹介する。
ほんとは蒸すんだと思うが、まさいのは簡易レシピだ。

■材料
・もち米2合
 白米と混ぜるほうが食感良いと書いてある場合多いが
 ぜんぶもち米のほうがもちもちしていて好きだ。
・小豆または「ささげ」
 小豆は煮ると腹が割れるので「腹切れする豆は切腹に通じる」
 といって、武士の間で嫌われていると、仲良しの武士が言っていた
 まさいは武士ではないので小豆(大納言)で作る。

Sekihan_2101-203.jpeg

使った鍋はストウブ18cmラウンド
・鍋に小豆と水300ccいれて火にかけ、
 ひと煮立ちしたら水を捨てる。
・鍋に小豆と水600〜700ccいれて火にかけ、
 沸騰したら弱火にして、30分ほど茹でる。
 その後、蓋をしたままゆっくり冷ます。 
 今回は前夜(大晦日)に茹でて、翌朝まで放置した。
・小豆と煮汁を分ける。

Sekihan_2101-204.jpeg

・ストウブにもち米と煮汁380ccを入れる。
 もち米は事前に水に浸しておく必要ない。
 浸すと炊きあがりが柔らかくなりすぎる。
・その上に、小豆を並べる。(米と混ぜない)
・ふつうにごはんを炊く要領で炊く。

炊きあがったらすぐにお櫃にうつす。
お櫃にいれると冷めても旨い。

Sekihan_2101-205.jpeg

いただきまーっす。

めっちゃ旨いがな。
正月早々、縁起のいい赤飯で祝杯だ

ごちそうさまでした。


■調理日:2021年1月

関連記事
Posted by
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !