ブログパーツ ■ 魯肉飯の素 カルディ - KALDI
fc2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

Rulofan_2201-101.jpeg

この2年間、◯共ウィルスのために
台湾を訪問できない。

望郷の念ではないが
台湾に行きたい行きたいと思ってたとき
カルディでこんなのを見つけた

Rulofan_2201-102.jpeg

台湾屋台の味の素

 ・魯肉飯の素 138円(税込)

八角が効いた、本場台湾の味
と書いてある

Rulofan_2201-103.jpeg

初めて魯肉飯を食べたのは2004年。

 ・髭長魯肉飯

台湾全土で人気のお店だが
食べたのは東京渋谷だ

魯肉飯の素をつかうと作るのは簡単
豚肉を切って、炒めて、煮込むだけだ

Rulofan_2201-104.jpeg

まず最初にごま油を小さじ1入れる
きょうはル・クルーゼを使って煮込んだが
どんな鍋を使っても問題ない

Rulofan_2201-105.jpeg

豚肉はバラ肉の塊肉を使った
台湾ではお店によってひき肉を使っている店も多い
さきほどの髭長ではひき肉だった

豚バラ肉塊を1センチ角くらいのサイコロ状に切る
分量がすこし足りなかったので
豚肩ロースを100グラムほど追加した

Rulofan_2201-106.jpeg

鍋を180℃くらいに熱して
いま切ったサイコロ状の豚肉を焼く

表面に焼き色が付く程度で良い

Rulofan_2201-107.jpeg

豚肉の表面が焼けたらお湯か水を入れる
そして、この中に

 ・魯肉飯の素

を全部入れる。
そして、これを25分煮込む

今回、ル・クルーゼの蓋をして煮込んだが
どうやら蓋無しで煮詰めるように煮込むほうが
しっかりとした味付けになって旨そうだ

Rulofan_2201-108.jpeg

25分煮込んだ状態がこれだ

八角の香りが、台湾の郷愁を誘う
まさに台湾屋台の香りだ

Rulofan_2201-109.jpeg

煮込んだ豚バラ肉をごはんに乗せる

そして、この上から
煮込んだ汁を好きなだけかける

台湾屋台の魯肉飯はそんなに汁だくではないが
汁だくにしてもよい

Rulofan_2201-110.jpeg

煮込んだ汁をかけて完成だ
あとで台湾の魯肉飯の写真をお見せするが
まさに台湾魯肉飯の完成だ

この日は中華風野菜炒めとセットで晩御飯にした

いただきまーっす(トップ写真参照)




いやぁ、めっちゃ旨かった
味も香りもまさに台湾屋台だ

この魯肉飯の素、値段も安いし調理も簡単
これから癖になる予感がある

ごちそうさまでした。

Rulofan_2201-111.jpeg

ここは2016年の夏に旅した
台湾の台東にある魯肉飯のお店だ

泊まっていた宿から歩いて10分くらいの
商店街のなかにあるファーストフード風のお店だ

Rulofan_2201-112.jpeg

店頭にこんな大鍋を追いて
中で大量の豚肉を煮込んでいる

お店の前を通るととてもよい匂いが漂う

Rulofan_2201-113.jpeg

この日の晩ごはんは宿に戻って食べる

魯肉飯と鶏の唐揚げ、それに台湾ビールを2本
野菜のまったくない、とても不健康な食事だが
どれもとても美味しくて満足だった

Rulofan_2201-114.jpeg

8+2魯肉飯
アップで見るとこんな感じ

きょう作った、カルディのと見た目は同じ
そして、お味も同じようにとても美味しかった

じゃあ、いただきまーっす

Rulofan_2201-115.jpeg


■調理日:2022年1月






関連記事
Posted by
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !