ブログパーツ ■ たくみ割烹店 鳥取市 - 山陽・山陰
fc2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

Takumi_Kappoten_2308-101.jpeg

鳥取に行くのは初めてなので
晩ごはんどころをいろいろリサーチしてたら
良さげなところを見つけた

 ■たくみ割烹店

この日、泊まるY Pub & Hostelから徒歩2分だ

Takumi_Kappoten_2308-102.jpeg

たくみ割烹店は
昭和37年(1962年)に開店した伝統のあるお店で
鳥取新作民藝の椅子、テーブルなどのインテリアに
囲まれた店内になっている

お店の外観もとても落ち着いた佇まい。

Takumi_Kappoten_2308-103.jpeg

まさいが案内されたのは1階のテーブル席
年季の入った、すごく素敵な丸テーブル

このテーブル、持って帰りたいくらいだ

Takumi_Kappoten_2308-104.jpeg

お料理はあらかじめ決めていたので
さっそくお願いしたあと
飲み物をどれにするか考える

お店にあるのを全部持ってきてもらったが
「ごうりき」ということばを初めて聞いた

 ■ごうりき

 鳥取にしかない酒米「強力」
 大正時代に作られた「強力」は昭和30年にいったん途絶えた。
 その後、関係者の尽力で幻の「強力」を復活させ
 平成元年にその醸造がはじまり現在では9蔵が
 「強力」を使った酒造りを行っている。

そのごうりきのお酒

 ■純米吟醸 いなたひめ

これをいただくことにする

Takumi_Kappoten_2308-107.jpeg

前菜系のお皿が4皿並んだ
どれも美味しそうだ

どれからお箸をつけるか迷う

Takumi_Kappoten_2308-108.jpeg

やっぱりまずはお造りだ
いずれも鳥取のお魚

サーモンは大山の湧き水を浸かって育てられた
通年、生で食べられる国産サーモン
どれもめっちゃ美味しいよ

Takumi_Kappoten_2308-109.jpeg

こちらは鯛の炙り
身は引き締まっていて
皮はパリッとしていてほんとに旨い

Takumi_Kappoten_2308-105.jpeg

最初に書いたようにこのお店は昭和37年開店。
鳥取新作民藝の椅子、テーブルなどの調度品で
とても落ち着いた店内だ

Takumi_Kappoten_2308-106.jpeg

障子のところにはこんな絵が
有名な画家さんなのかどうかわからないが
見ているだけでも楽しい気持ちになってくる

Takumi_Kappoten_2308-111.jpeg

お肉料理がでてきた
鳥取牛のワイン煮込みだ

美味しそうじゃないか

Takumi_Kappoten_2308-112.jpeg

ふつう、ご飯物は最後に供されるが
お肉といっしょにごはんを頂きたかったので
頼んで持ってきてもらった

ちいさなお櫃にはいったごはん
まさいはお酒を飲みながら
美味しいおかずと温かいごはんを食べるのが好き
通な人からみると邪道のように思われるだろうが
お酒とおかずとごはんのハーモニーはたまらない

Takumi_Kappoten_2308-113.jpeg

そして最後のひとしなにすごいのがでてきた

 ・一夜干しカレイの煮付け

めっちゃみごとなカレイさん
一晩干してあるので旨味が凝縮していて
ふつうの煮付けよりもずっと旨い

カレイを食べて、ごはんを食べて
そして、旨い酒を口に含む
最高のひとときだ

Takumi_Kappoten_2308-114.jpeg

たくみ割烹店さんのお品書き
この日お願いしたのは

 ・たくみ御膳 3,800円

このお値段でほんとに満足な御膳だった

Takumi_Kappoten_2308-115.jpeg

ひとりでゆっくりと楽しんだ
初めての鳥取の夜の御膳

お酒もお造りもお肉もお魚も
ぜーんぶ美味しかった

最高だったカレイの煮付けは
めっちゃがんばって綺麗に食べたつもり

とっても素敵な時間をありがとう
ごちそうさまでした。

Takumi_Kappoten_2308-116.jpeg

──────────
【訪問日】 2023年8月
【店 名】 たくみ割烹店
【ジャンル】鳥取料理
【住 所】 鳥取市栄町652
【キーワード】鳥取 割烹 和食
──────────





たくみ割烹店しゃぶしゃぶ / 鳥取駅
夜総合点★★★★ 4.0

関連記事
Posted by
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !