ブログパーツ ■ 御饌の朝かゆ あそらの茶屋にて - 中部
fc2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

Asora_2309-101.jpeg

お伊勢さんお参りの前に
素晴らしい朝ごはんをいただいてきた

 御饌の朝かゆ

「みけのあさかゆ」と読む
御饌とは神への供物のことらしい

Asora_2309-102.jpeg

御饌の朝かゆをいただいたお店はこちら

 ■あそらの茶屋

外宮の参道にある伊勢せきやさんの2階にあって
朝餉(あさげ)と昼餉のみ提供している

実は半年ほど前に
朝かゆをいただくために朝早く大阪を出て
伊勢市駅に9時ころに着いたのだが
そのときすでに完売御礼となっていて
涙をのんだことがある
なので今回は前泊でやってきた

Asora_2309-103.jpeg

朝餉のメニューは朝かゆのみだ
朝かゆについてくる海産物の一品がいろいろあって
それぞれお値段も異なる

 御饌の朝かゆ      1,500円
 御饌の朝かゆ 鯛    1,800円
 御饌の朝かゆ さざえ  1,800円
 御饌の朝かゆ 鮑    2,500円
 御饌の朝かゆ 伊勢海老 2,600円

まさいは鯛をお願いした

Asora_2309-104.jpeg

あそらの茶屋の席は
かなりゆったりと取ってあって
とても落ち着いた雰囲気だ

しばらく待つとこんな大きな箱が運ばれてきた

Asora_2309-105.jpeg

そして箱の蓋をとると中から
こんな素晴らしい朝餉があらわれる

お箸を載せてある台が素焼きでできていて
お伊勢さんらしい雰囲気を醸し出している

Asora_2309-106.jpeg

朝餉の箱とは別に運ばれるこのひと品

粗塩の上に鮑の貝殻
そして鮑の貝殻の上に鯛のお造り
とても旨そうだ

Asora_2309-107.jpeg

盆の上にはおかゆといっしょにいただく
様々な食材が並べられている

赤い小さな盃に入っているのは

 梅無酒

というもの
名前通りアルコールの入っていない梅酒だ
食前酒としていただくのだが
正確には食前無酒だ

その隣には温泉卵や昆布の煮物など

Asora_2309-108.jpeg

地魚の干物

適度な塩加減で
おかゆといっしょに食べるととても旨い

Asora_2309-109.jpeg

あらためて全体を望むとこんな感じだ

どの惣菜もおかゆにのせて食べると
ほんとに美味しくいただける

Asora_2309-110.jpeg

おかゆには秘伝のたれがついてくる
これをおかゆにかけていただく

最初はなにものせずに
これだけでいただく
すごく上品な味で、とても美味しい

このあと、鯛をはじめ
それぞれの惣菜をひとつずつのせて食べる

どれもシンプルな味付けだがほんとに美味しい
ゆっくりと味わいながら長い時間をかけていただいた

Asora_2309-111.jpeg

そしてこちらは最後のひとしな

 ・ひとくちぜんざい

これもまた絶品の旨さだ

お伊勢さんで朝から
ほんとに美味しいものをいただけて
とっても幸せな気持ちになれた

ごちそうさまでした。

Asora_2309-112.jpeg

御饌のおかゆをいただいたあと
1階のお店を見ていたら

 ・匠の穂 お伊勢さんのお米

というのがあった
お伊勢さんに奉納されているお米だ
新嘗祭が終わったころに
ことしの新米をいただきに行こうと思う

きょうは美味しい朝餉をありがとうございました。

Asora_2309-113.jpeg



あそらの茶屋日本料理 / 伊勢市駅宇治山田駅
その他総合点★★★★ 4.5

関連記事
Posted by
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !