ブログパーツ ■ 黒はんぺんを自作しておでんを作った - ストウブとル・クルーゼ
fc2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

Kuro_Hanpen_2401-101.jpeg

静岡の郷土料理『しぞーかおでん』に欠かせない
黒はんぺんを手作りしてみた。

Kuro_Hanpen_2401-102.jpeg

材料は鯖か鰯らしいが
参考にした動画では鯖を使っていたので鯖を使う

まずは鯖の計量をする。

Kuro_Hanpen_2401-103.jpeg

材料はこちら
■黒はんぺん 材料
 さば   100g
 塩    2.4g
 砂糖   4g
 片栗粉  12g
 ウズラの卵1こ

今回、計量すると鯖が160グラムほどあったので上記の1.6倍だ。

■作り方
・鯖をフードプロセッサにかける。
 ネットリするまでわりと時間をかけました。
・塩以下を追加して、さらに練る
・お椀のうらで整形して鍋の水に入れる。
・中火で熱し、沸騰したらごく弱火で10分茹でる。

Kuro_Hanpen_2401-104.jpeg

鯖の骨を取ってフードプロセッサにかける


Kuro_Hanpen_2401-105.jpeg

フープロを完了したところ
滑らかになるようにわりと長い時間かけて練った

夏なら氷を入れたほうがよいかも。

Kuro_Hanpen_2401-106.jpeg

昔はお椀の底を使って整形していたと
参考にした動画で言っていたのでそのとおりにする。

こんな感じで整形する。

Kuro_Hanpen_2401-107.jpeg

お椀の底で整形して、水に落とす
意外と簡単にお椀のそこから外れてくれた

Kuro_Hanpen_2401-108.jpeg

全部、整形したら火をつけて
お湯が沸騰したらごく弱火にして10分ほど茹でる

全部浮き上がってきたらだいたいオッケーらしい。

Kuro_Hanpen_2401-109.jpeg

黒はんぺんんの出来上がり
だいぶ不格好で、ホンモノとは似ても似つかない形状

Kuro_Hanpen_2401-110.jpeg

さて、出来上がった黒はんぺんをおでんにいれて煮込む
ほんとは黒い静岡おでんにしたいところだが
そこまでの気力が残っていないので
普通の大阪式おでんに入れて煮込む

Kuro_Hanpen_2401-111.jpeg

いつものように95℃で3時間ほど煮込んだ
途中でうずら卵とか具材を追加したら
黒はんぺん、どっかに行ってしまった

Kuro_Hanpen_2401-112.jpeg

いただきまーっす

おお、めっちゃ旨いがな
すごく食感も良いし美味しい

ただ、ホンモノの黒はんぺんを食べたのは
6年も前なので、ホンモノの食感になってるかどうかは不明
それでも旨い

Kuro_Hanpen_2401-113.jpg

ちなみにこちらはホンモノの黒はんぺん
6年前に静岡で食べたときの写真だ
だいぶ薄いねぇ

その時の話はこちら

■6年前に静岡おでんを食べたときの話
http://masai-san.com/blog-entry-1580.html


この黒はんぺんを食べたときに思った
練ったあと、茹でずに油で揚げたら
美味しいじゃこ天ができるんじゃないか?
そんな気がしたので、こんどじゃこ天(サバ天)にしてみるわ

ごちそうさまでした。

■調理日:令和6年(2024年)1月
■黒はんぺんは↓こちらの動画を参考にした
https://youtu.be/I75avF6cyfQ?si=U29ZJTe1e5OOZ-xz



関連記事
Posted by
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !