FC2ブログ
美味しいごはんを食べた日々

まさい

まさい

DSCF1424_trim.jpg

2泊3日の北京滞在の二日目
今夜の夕食はこちらに住んだことのある友人(中国人)に
お薦めの店に連れていってもらった。

■北京友仁居 知春路羊肉店

しゃぶしゃぶのお店だ。
中国でしゃぶしゃぶといえば羊肉
初めての中国旅行で食べた食事も羊肉のしゃぶしゃぶだった。
お店のなかはこんな雰囲気。

DSCF1425.jpg

昨日の包子屋さんよりはかなり高級な雰囲気だね。
しゃぶしゃぶ専門店というのに、テーブルの上には
鍋が据え付けられてないんです… なんでだろ?

さっそく、しゃぶしゃぶを注文する。
そしたら、か弱そうな小姐が大きな鍋を持ってきてくれた。

これだっ!

DSCF1436.jpg

おおっ。 これがかの『火鍋』だ。

しゃぶしゃぶのスープは2種類選ぶことができて、
『白湯』と『辛い』やつ。

今回は両方を頼んだので、まんなかで仕切られてる。
そして、真ん中にはでかい煙突状のものが…

お肉はもちろん羊肉だ。

一口で羊肉といってもいろいろあって
今回はラムの薄切り(機械切り)とラムの手切り

DSCF1438.jpg

あと、春雨とかお豆腐とか野菜とかを頼んだ。

こちらが機械で切ったやつ。
かなり薄く切ってある。


DSCF1441.jpg

そして、こちらが人が包丁できったやつ。
分厚めです!

さいしょ、鍋を持ってきたときには気がつかなかったんだが
このお鍋、熱源はどこにあるんだろう…

鍋の下に七輪のようなものも置いてないし
もちろんガスもない…

DSCF1467.jpg

と不審に思ってたら、なんと煙突のなかに炭が入ってる
そこで、こうこうと燃えてる

だから、太い煙突がついてるんやな。

DSCF1443.jpg

炭がいこりすぎて炎がでてくると
さっきの小姐がなにかもってきて、煙突の上にかぶせてくれる。

あはは、また煙突が高くなった(笑)

そう、火が強くなって、火の粉が飛びそうになったら
これをもってきて煙突を延長してくれる。

ぼくの頭の位置より高いところまであるよ。

DSCF1447.jpg

こちらは、手切りのラムのお肉をしゃぶしゃぶしたもの

こっちのほうが分厚くて旨かった。
これをかなり濃厚な胡麻ダレにつけていただく。

濃すぎるので、すこしお湯をいれて薄めて食べた。

DSCF1454.jpg

羊肉といっても全然臭みがなく、とってもおいしく
かなり大量に食べたよ。

それにしても、この日の夕食は食べ物の具材よりも
『火鍋』をみているほうが楽しかった。

日本の中華料理店でも『火鍋』と呼ぶものはあるけれど
ココみたいに、ほんとに鍋のなかで火を燃やしてる『火鍋』なんて
なかなかないんちゃうかなぁ~

とっても楽しい北京の夕食
ごちそうさまでした。


──────────
【訪問日】 2006年9月 
【店 名】 北京友仁居 知春路羊肉店
【ジャンル】羊肉しゃぶしゃぶ
【住 所】 北京市海淀区知春路56号
【電 話】 01-8211-2648
【営業時間】不明
【定休日】 たぶん無休
【キーワード】 火鍋 しゃぶしゃぶ 羊 ひつじ
──────────


View Larger Map
関連記事
ブログパーツ

Comments 0

There are no comments yet.

Comment welcome !